#2 私の妊婦生活~心拍を確認出来るまで~

みなさん、こんにちは

「やこんちゅ♀」です!

前回予告させていただいた通り、今日は私の妊婦生活についてお話させていただきます。

ちなみに今娘は授乳が済んで私のあぐらをベッドにすやすや眠りについています( ˘ω˘)スヤァ

布団に寝かせようとすると起きてしまう事もあるのでこのまま過ごす事がよくあります。

ソファの上なので私もこのままよく寝落ちしてしまうんですよね。

私も!って方いらっしゃるのではないでしょうか?笑

 

前置きはこの辺にしておいて・・・

ザックリこんな流れで話していこうと思います。

自分の身体を知る為の基礎体温

私の妊婦生活のスタートは2020年6月上旬でした。

昨年の今頃はまだお腹の中に居なかったんだと思うと、

目の前でスヤスヤ眠っている娘を見ると不思議で、愛おしくて仕方ありません(´・ω・`)♡

 

妊娠って、いざ子どもが欲しいと思っても自分が妊娠できる身体なのかって分からないし心配もあったので、

まずは基礎体温を毎朝欠かさず計って自分の身体を知る事から始めました。

なので、基礎体温を計っていたのかというと、生理の周期と妊娠の可能性が予測できると言われているからです。

下のグラフのように基礎体温には高温期と低温期があって、

生理前になると体温がグッと下がり、排卵日を過ぎると体温がグッと上がります。

普段はこのサイクルですが、妊娠すると高温期から生理前の体温の低下がなくなり高温期が続くため

体温が妊娠のサインの一つになります。

 

私の場合、生理周期は20歳頃からアプリで記録していましたが、幸い生理不順で悩んだ事はありませんでした。

テレビで見たことありますが最近は過度なダイエットや偏食、ストレスなどにより10代から生理不順で悩んでる女性の方が本当に多いですよね、、、

私の周りの友達にも結構いました(>_<)

私はダイエットが出来ず美味しいご飯をしっかり食べていたおかげですかね?←

皆さん栄養しっかり摂って、ストレス社会に負けないよう心身ともに休みましょうね(;_;)

自分の為でもあり、自分だけの身体じゃないですからね!!

これは私自身が「♂」からしょっちゅう言われていた言葉です(^-^;)

 

妊娠発覚

生理が始まる前日からいつもは低温期に入っていましたが高温期のままが続き、生理予定日から1週間後の早朝、初めて妊娠検査薬を使いました。

 

ドキドキ・・・

 

 

ドキドキ・・・

 

 

 

 

 

 

 

・・・陽性!!

陽性反応を見た時はとても嬉しかったですが、病院でちゃんと心拍確認取れるまでは分からないので「♂」にも報告するか悩みました。

結局黙ってられずその日のうちに言っちゃったんですけどね(^ω^;)

小さくハイタッチをして喜びました。

 

ドキドキの毎日_検索魔

私は心配性で妊娠に関することを調べる検索魔となり気になることがあれば調べまくりの日々でした、、、

“妊娠超初期症状”、“子宮外妊娠”、“〇週の壁”、“初期流産”、“出血”、、、今思えば自分を苦しめてしかないですが(*_*)

妊娠超初期症状の中で私が思いあったものは微熱くらいでした。

ホッとしているようでしていないような、、、

暇さえあれば調べて不安になる日々を過ごしていました。

 

ドキドキの毎日_高血圧

実は私は高血圧人間です。(でした。)

2年前(当時26歳)の健康診断で血圧が140/90と初めて見る数値が出ました。

下の表の赤い部分が高血圧判定となるのですが、

                                                日本高血圧学会「高血圧治療ガイドライン2019」より

私はギリギリ高血圧に該当します、、、

元々低血圧人間だった為、自分でも驚きました。念の為毎日計り続けてみてと言われました。

一時的かと思いきや謎の高血圧は続き、この年ということもあって病気などが関係していないかいろいろな検査をしましたが、

幸い異常はありませんでした。

でも26歳から高血圧の薬を飲む事に、、、

正直めちゃくちゃショックでした。

高血圧になる原因の一つとして塩分の摂り過ぎがあたっため

自分の料理の味付けはそんなに濃くないと思っていましたが、今一度見直してみることにしました。

あとは食品の塩分表示を必ずチェックするようになったんですが、1日7~8gって結構簡単に超えてしまいますよね。

という感じで私は高血圧が原因で胎児に悪影響がないかとても不安になっていました。

 

いざ産婦人科へ_初診

まずは産婦人科に電話し、10日後に予約が取れました。

この初診までがとても長く感じるんですよね。

 

ドキドキの当日、コロナの影響もあり予約した産婦人科は付き添い禁止だったので「♂」には駐車場で待っててもらいました。

問診表を記入し、採尿、血圧測定をしました。

 

ただでさえ血圧高いのに初めての産婦人科、ドキドキで案の定150超え、、、診察でまず突っ込まれましたね。

そして内診と超音波検査、、、先生から

「おめでとう、妊娠してるね、ちゃんと赤ちゃん子宮の中にいますよ!」

と言っていただき「本当ですか⁉良かった…!」と涙しました。

まずは最初の心配は1つクリア。

でも今の時点でははっきり心拍確認が出来なかったので2週間後にもう一回予約。

車に戻って「♂」に初めてのエコーを見せると改めて喜んでくれました。

 

注意しよう_食べ物

そこからは、注意する食べ物、飲み物などを調べて気を付けました。

自己紹介でも書きましたが私はお寿司が大好きです。

お寿司は完全NGという訳ではありませんが私は決意しました。

お寿司は無事出産を終えるまでは絶対に我慢して最高のご褒美にしようと!

完全なる自己満です(笑)

 

ちなみに妊娠が分かるちょうど1年くらい前から葉酸サプリを飲み始めました。

葉酸を飲むメリットとして、赤ちゃんの先天性異常を減らせる可能性があると言われています。

赤ちゃんの為とはいえ、食事で毎日摂り入れるのは難しいですからね。

 

いざ産婦人科へ_2回目

2回目の診察。無事に元気な心拍が聞けてまた涙。

そしてたった2週間なのにミジンコ型から2等身のキューピーちゃん型に進化していて驚きと感動!!

母子手帳を貰う為に申請書を貰って産婦人科の説明・出産までの流れ、そして高血圧がもたらす怖いリスクも話して戴き終了。

その日は全部で2時間くらい掛かりました。

車で待っていた「♂」エコーの様子を一緒に確認出来ないのは残念ですが、エコー写真を嬉しそうに見てくれていました。

この小さな命を2人で守っていこうと強く思いました。

そして3日後には母子手帳をもらうことができました。

職場への報告

職場には悪阻がどう影響してくるか分からないし、我慢して隠して迷惑かけるのも

嫌だったので、上司と同じ店舗で働く仲間にはすぐに報告と相談をしておきました。

これは正解だったと思います。

こうして私の妊婦生活はスタートしていきました。

 

話が行ったり来たりしてしまう事もありますが、思い出しながら今後も書いて行きたいと思います。

 

でわでわ(*’ω’*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です